あの「中古車屋さんに車を売る時」ってどうでしょう

ユーズドカーの買取となると、まず最初にクルマの審査をします。車の種類と年代で、基準となる通常時の価格のイメージをしておきます。ここからその上を行くほど実態が悪ければ、見積額を少なくするなどの順番で処理を行っていくこととなります。

一定レベルでの金額に関しては、中古車ショップの方で基本となるデータを保持しています。こちらはショップ間のみで確認されるもので、その値段は車の型式やいつのものかということから記載されているものです。とはいっても、あくまでこの額面は標準的な数字であり、その他の意味あいはございません。その上、その値段よりもより高く買取して頂けたり、それとも安い価格で買いたたかれたりする可能性も間違いなく

店側の立場に立ってみると出来る限り低い金額で買取したいわけで、その店舗にもよりますが基礎的な買い取り額を提示したうえで、それ以上にロープライスな方向へ話題を変えようとしてきます。こちらの気持ちとしてはちょっとでも高プライスで売渡したいので、この時の交渉としては、イッキに攻めていくのがキーポイントとなります。もしくは、買取についてプライスが折り合わなかったのであれば一度保留し、話を棚上げ状態としておきます。そして別のお店と商談をしていくわけです。

例えばここで金額が今まで以上に高値となり納得がいけば、前のお店との調整は破談となっても問題はないでしょう。即ち、売却する側が好きなように交渉を進めていけばOKなのです。何をおいても気を付けてほしいのは、焦ってプライスを決めてしまって、後になって残念な気持ちを残すことです。プライスはとにかく強気に話をした方が悔やむことはないでしょう。