お待ちかね、車査定「事故歴など」について思うこと

自動車引取りをお願いしたときには、まずは鑑定を受ける事になります。そうした時の値踏みの方は買取ショップの査定担当者が行うわけですが、ユースドカーマーケットの値段等から算出されるものとなります。

だいたい古い車として売られている額の2~3割程が査定価格となっているようですが、売れ筋のクルマだったり、稀少車種であったりするケースでは高プライスが付くなどのケースもあるみたいです。その他、製造年は新しい方が高い金額となります。他方、こうした買取の値段は愛車が万全な状態の時であって、完全じゃないときには低い査定となります。特に事故の跡は買取の値段にとても響いてきます。

修理歴というのも定義は微妙なところですが、基本的に車両の本体であるフレームの部分にまで駄目になっているような事故を経験してしまったくるまは事故車となってしまいます。そういった修復歴のあるクルマは後からなにか負の影響現れる危なさがありますので、買取の値段に於いてはマイナスとなるのです。他方、フレームにまで影響しておらず、外側を修繕した位ならなりませんが、それでも事故歴は付いてしまいます。

モチロン修復歴がついてしまう訳なのでデメリットの被害は有るわけですが、事故車に比べて低く値踏みされることはございません。あと、変速機やエンジンなどにトラブルが発生している際もマイナスに査定されますし、いつもの維持管理の状態が買取価格に影響されます。

このへんは素人目には分からない部分ですが、見積もりを行っている買取専業店としてはしっかりとそのへんも見てくるでしょう。

どっちにしても修復歴がないということが愛車買取額が上げることができるかどうかのポイントとなってきます。