きましたね日本自動車査定協会の取組だそうな

中古車の下取・買取時は、間違いなく査定をしてもらうかと思います。この場合の査定とは、売り手側から下取や買取の時に正確な見立てをするための工程であり、そのためにはさまざまな人たちから了承され、その上受け入れられた方法でないといけません。なのですが、消費者側からしますと、審査がどんな具合に行われているのかはっきりとは確認できてなかったり、正当な段取りで調査されているのかは案外認識することが困難なものです。そうだとしても査定というのはお車の値打ちを決めるとっても決め手となるプロセスである為、やり方や考えにさまざまなものがあると社会の混乱の理由にもなるわけです。

そうした混乱を発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という名の機関が設立され、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」とは、キチンとした審査が拡大するように務めている協会であり、消費者が信頼して鑑定に出せて、そのうえで喜べるような結果となる制度を構築する取り組みをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を出すと健全な査定士を増やす為の試験を実施しており、査定協会が実施する学科及び技法の研修を受けてもらい、そうしてから査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。その上で査定士として活躍するのには教会へ登録することが必要となり、まっとうな心得や責務をもって私たちの愛車の品定めをするのです。つまりはしっかりした査定を行う為の資格を保有する人間が評定を行いますので、我々も悩まずに買い取りまたは下取に車を出すことが可能となるのです。