きましたね買取や下取り リサイクル料のこと

自動車を売却する時の手立てというと買取と下取りが有ります。下取の場合というのは新しい自分のくるまのを入手するかわり、前の自分のくるまのを引き受けてもらうというものです。主に新車取扱店が引き受けをするので買取金額の方はどちらかといえば低めになることが多いです。

一方で買取りの場合には車買取専門店が行っており、ユーズドカーという名目で店頭に出すことを前提として買取りの額を決定するので、どっちかといえば高目の引受けが望めます。何れにしろクルマを売る事であり、売る前に買取り金額を決めるための査定がされることとなります。

値踏みをしてもらうとして気に掛かるのはリサイクル料です。マイカー値踏みで提示されるプライスとしてはその自動車それ自体の価格、ユーズドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等入れた額の2つの種類があります。「リサイクル料」はお車をゲットした時、若しくはリサイクル料が未納の場合には車検を通した場合支払いとなりますので、将来的にマイカーを廃車として解体処分する場合に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどをリサイクルするための料金として使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、壊してしまう時JARSから払われるということとなります。

費用はだいたい、軽だと8000円くらい、国産車だと10000円程、外車等で1万5千円くらい、それ以外で2万円ぐらいをいれる必要性があったりします。大概のクルマ買取の場合、こういったリサイクル料を中古車の買取りプライスとは他のものとして買い取られるというような事となるのですが、リサイクル料をいれて引き取り価格となっている場合も有り、買い取りをお願いする場合確認しておくということが大事なこととなります。