これこそ車売却とリサイクル料のこと

自動車を処分するときのやり方といえば下取りと買取りというのが御座います。下取の場合というのは次の自分の車のを購入すると一緒に古いクルマを買い受けしていただくというものです。大抵は販売店が買い取りをすることになるため買取額としては割と低く見られることが多いです。

一方、買取のケースはユーズドカー買取専門ショップが行っており、中古車として売却することを予定に引き取りプライスを決めるため、わりと高めの引受が望めます。いずれにしろ自家用車を売却することであり、引き受けてもらう前に引き取りプライスを決定するための査定がされることとなります。

値踏みをおこなう時に気になるのがリサイクル料になります。中古車査定で提示される値段というのはそのマイカー本体の値段、お車に附随する自賠責保険やリサイクル料などなど含んだプライスの二つの種類が有ります。「リサイクル料」はマイカーを入手したさい、またはリサイクル料が払われてなかったときには車検を受けた時に支払いになりますので、のちにユースドカーを廃車として壊してしまう際に必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする為の代金として使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体する時に自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

費用はだいたい、軽だと8千円位、国産車であれば1万円位、輸入車等であれば15000円程、それ以外で20000円程を納める必要性が御座います。大体のユーズドカー引取りであれば、これらのリサイクル料金を自分のクルマのの買取り金額とは他として買い取られることになるのですが、リサイクルの代金を含めて引取り額だというケースも有り、引受けを希望する際には事前にチェックしておくということが大切なこととなります。