これは・・・車の買い取りと「リサイクル料金」について思うこと

ユーズドカーを売り払うときのやり方としては買取と下取りのどちらかがございます。下取りのケースというのは次の自動車を入手するかわり、今までのマイカーを引き受けて頂くというものです。大概は新車の販売店が引受けをおこなうため金額としては割と低目になることが多いです。

一方で買取りの方は車買取専業店がやっているもので、ユーズドカーとして店頭に並べることを前提として引受値段を決めるため、どちらかといえば高値の買い取りが期待できます。どっちにしても自分の車のを売却する事であり、売却をする前に引き取り額を決めるための鑑定がおこなわれます。

査定をしていただく時気に掛かるのがリサイクル料です。お車鑑定で示される金額としてはその愛車それ自体の金額、自家用車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険などを入れた価格の2種類があります存在します。リサイクル料はくるまをゲットした際、もしくは「リサイクル料」が未払いだった場合ですと車検の場合に支払いとなるもので、先々自分のクルマのを廃車にして解体処分する場合必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルするさいの料金となって使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体処分する際にJARSから支払われるということになります。

コストは大体、軽であれば8千円ほど、国産自動車で10000円くらい、外車とかで15000円くらい、それ以外で20000円程をいれる必要があります。多くのユーズドカー引き受けでは、こうしたリサイクル料を自分のくるまのの引き取り額とは別で引受される事になるんですが、リサイクル料金を入れて買取価格だというケースも有り、見積もりを希望する際にはチェックしておくのが大事です。