これは・・・車査定と修復歴だそうな

ユーズドカー買い取りを依頼した際には、初めに審査を受ける事となります。その時の査定はお店のの方がすることとなり、オークション市場の価格等から金額がはじき出されるものとなります。

普通は古いくるまとして売りに出されている価格の20~30%ほどが買取の金額とされているようですが、人気クルマであったり、珍しい車である際には高い見積額がでるなどの場合もあるみたいです。その他、年式は新しい方がやっぱり高くなります。一方でこうした買取の値段はお車が万全な状態の時であって、そうじゃないときには低い査定となります。中でも修理の跡等は買取額に大きく関係します。

事故車というのも定義が曖昧ですが、基本的にはくるまの骨組みであるフレームの部分まで影響しているような事故を経験してしまったクルマは事故車扱いになります。このような事故歴のある車はいつか何らかの被害が現れるという危険がありますので、買取金額に関しては短所となるのです。その一方、フレームの方には影響しておらず、外見を修繕したくらいなら問題ないのですが、しかし事故歴はつきます。

勿論、修理歴としては付くわけなのでマイナスの影響はありますが、事故車に比べ見積もりが低くなることはないです。そのほか、エンジン等にアクシデントが起きている際にもマイナスに鑑定されますし、常日頃の手入れの良し悪しが買取プライスに影響されます。

このへんはトーシロにはちんぷんかんぷんですが、審査をおこなう買い取りの専業店ではしっかりそのへんもチェックの対象としてきます。

どちらにしても修理歴は無いという事が自動車査定が上げることができるかどうかの分かれ目となります。