ついでに中古車の査定のことを考えてみた

マイカーの売買契約時は、まずはその車の査定をします。その車と何年式かによって、ベースとなる一定レベルでの価格の全容を把握します。これと比較し更にコンディションが良くなければ、評価額をマイナスとするというような手順でやられていきます。

普通の状態での値段のことについては買取のお店の方で基準となるデータを持っています。これは業者同士だけで出回っているもので、その値段はその型式や何年式かによって残されているものです。しかしながら、あくまでこの金額は基準となる数字なのであり、その他の意味あいはありません。それに加え、その額面よりも高い価格で買取をされたり場合によってはもっと安く買いたたかれたりする場合も当然ながらあるわけです。

買取業者からすればなるだけロープライスで引受けしたいので、買取店にもよりますが基礎的な買い受けできる額を提示したうえで、それ以上に低価格な方に話を振ろうとしてきます。売る方としてはわずかでもいい条件で売渡したいので、ここでは強気に話を進めるのが良いでしょう。または、買い受けについての査定額が合意できなかった際は繰り延べし、そちらで話を止めておきます。そののちほかのお店と応酬をしていくわけです。

もしここでプライス的に今まで以上に高値となり満足がいったなら、最初のお店とのネゴシエーションは決裂でも問題はないでしょう。結局、売却する側が好きなようにやり取りを進めていけばいいという事なのです。どうしてもやめてほしいのは、焦って値段を決定してしまい、後になって悔やんでしまうことです。金額は徹底的に強気で交渉した方が後悔しないでしょう。