ついにきた、車買取と下取

自動車を売り払いたい際の方法としては買取りや下取りという種類があります。下取はおニューの自家用車を購入したタイミングで、これまで乗っていた自分のくるまを買取りして頂くというものです。その時点で運転が問題ないクルマだったとすれば買値が望めますが、度を超えて古い車であった場合には反対に処分の為のお金を求められることも考えられます。

下取に関しては、専門のお店がおこなうという訳じゃないですから、高プライスでの放出は難しいですが、次の愛車と入れ違いで乗り換えすることが可能という良い点があります。一方買取はといえば、それ専門のユーズドカー買取り業者にお願いして引取りをして頂くといったものです。その時期が分かりづらいといった短所も有るのですが、引き受けられた愛車はユーズドカーとして市場に出回ることがそもそも決定事項ですので、想像以上に望むような値段での譲渡が期待できるでしょう。

下取であっても買取であっても売却の際には様々な書類を先に準備することが必要です。必要書類としては自動車検査証と車の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。そして印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

売却のときには委任状や譲渡証明書なども使用するかと思いますが、それらについては買い取りの専業店にて準備してくれます。売却を頼みたいコチラ側としては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、住民票と実印および印鑑証明書を準備しておきましょう。鑑定の時にもこれらを確認されるので、失くしたときには再度発行してもらうことが必要でしょう。

もし失くしたケースでも審査自体はしてもらうことはOKですが、その場で即売渡は行えないため見積額に何か影響が出るでしょう。