とうとうです、買取や下取り「リサイクル料」のいろいろ

自動車を売却するさいの手段といえば下取りと買取りのどちらかがあります。下取のケースというのは次のマイカーをゲットする時に古いユースドカーを買取してもらうというものです。主に新車取扱店が引受けをおこなうので売値はどっちかといえば低目になる場合が多いです。

もう一方の買い取りのほうは車買い取り専業店が行っているもので、中古の車として売却することを前提として引き取りのプライスを決めるため、わりと高プライスの買取が期待できるでしょう。いずれにしろ自分のクルマのを売却することであり、売り払う前に買取り価格を決定するための値踏みがおこなわれることとなります。

鑑定をしていただく時気になるのが「リサイクル料」です。自分のクルマの値踏みで提示される値段としては車そのものの金額、愛車についてくる自賠責保険やリサイクル料などなどいれた価格の二つの種類がございます。リサイクル料に関してはお車を購入したさい、若しくは「リサイクル料」が払われてなかった場合には車検を通した場合に支払いになりますので、将来、所有車を廃車として処分する際に必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルするさいのコストとなって使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまう場合JARSから支払されることになります。

料金は、軽自動車で8000円くらい、国産車だと10000円位、外車等であれば1万5千円程、その他で2万円程度を納める必要性があったりします。大抵の愛車買取であれば、そういったリサイクル料をユースドカーの引き受け額とは他のものとして引き取りされるというような事となるのですが、リサイクル代金をいれて買取り値段となっている場合もあり、見積もりをお願いする時には先にチェックしておくことが大切です。