どういうこと?「中古車の査定」のこと

中古車の買取では、まずはその車の査定を行います。そのモデルと年式とで、基となる標準時の額面の全容を把握します。ここからさらに状態が良くなかったら、金額を減らしていくというような流れでやられていきます。

標準状態のプライスについては買い取る側で基準となる数値を保有しています。これについてはお店同士のみで確認されるもので、その金額はそのモデルと何年式かによって残されているものです。とはいえ、このプライスはあくまで標準的な数字であり、それ以上の意味はないものです。その上、その金額よりも高値で買取を行ったりまたはもっと安く買い受けされたりする可能性も当然のようにあるわけです。

お店の立場としては出来るだけ安く引受けしたいので、業者にもよりますが基本となる買い取りの価格を提示したうえで、さらに低価格な方に話をつなげようとします。売る側からすればできるだけ高値で譲渡したいので、この時の交渉としては、一気に攻めるのが吉です。もしくは、買取についてプライスが折り合わなかった場合などは一度保留し、話を棚上げ状態としておきます。そののちまた別の買取専業店とやり取り進行させるのです。

そこでもしプライス的により高値が付いて納得がいけば、前の買取店との商談はおじゃんになっても問題ないはずです。すなわち、売ろうとしている側が満足がいくように話を進めていけば良いという訳なのです。最もやめてほしいのは、拙速に金額を決めてしまって、あとから悔やむことです。値段については限りなく強気ないった方が後悔はしません。”