どういうこと?中古車査定の感想、所感

中古車の下取・買取時は必ず査定をしてもらう事でしょう。この場合の査定とは消費者から下取や買取の時に正確な見立てをするための作業であり、それを行うためにはさまざまな人たちから肯定されかつ合意された方法をしないとまずいのです。

ただし、消費者側からすると審査がどんなふうに実施されているのかきちんと知らなかったり、フェアな進め方でやられているかはどうしても確認することが出来ないものですよね。

そうだとしても鑑定自体が中古車の値段を決めるとても大事な工程なので、考えややり方に色々なものがあると社会が混乱する一因にもなってしまうわけです。

そうしたパニック状態を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という名の機関が設立され、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。日本自動車査定協会というのはキチンとした値踏みが行き渡るように動いている機関のことで、ユーザーが不安なく値踏みに出せて、しかも納得のいくシステム作りの行いをしています。

活動の内容は、例えば健全な査定士を輩出する為の検定を実施しており、査定協会が実行している学科や実技の研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験に受かることで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、きちんとした基礎的なものや義務を以てして我々のクルマの審査をするのです。

要するにきちんとした見積のための資格を有している人が査定をやりますので、消費者も安心して下取または買取に愛車を提出することが出来るわけなのです。