ほら、ローンが残っている車の売却ってどうでしょう

中古車の買取り業者に審査をオーダーしたはいいけどローンが完済していないこともあり得ますよね。そんな際は、売りたいくるまの持ち主がご本人であるのか別な方であるのかどうか取りあえずチェックしておく必要性があるのです。

実際、所有者が誰かについてどの部分を見るとわかるのかといいますと、自動車検査証に記載されているお名前の人がくるまの権利者という訳です。

自動車を購入したタイミングで銀行系の分割払いを設定した時には、こちらの車検証に記載のあるお名前がご自分のお名前になっていますが、自動車ローンを設定したのがクレジット系の会社である場合は名前がそこの記載となっているのです。信販会社でローンを組む場合にどういう理由でこんな風にその会社をオーナーとして記載するのかというと、その理由は毎月の支払いが滞納された場合に、直ちに自動車を担保という形で確保することを考えているからです。

このようなわけで所有権がローン会社となっている時にはその愛車を好きなように売り払う事は出来ないのです。それでも売り払いたいならまず残債を全部返済するか支払いローンの組み替えをすることでオーナーをご本人に変えた上で手放すことが必要です。そうとはいえ現実問題こういった事が出来るのは今現在手持ちの現金が余りあるケースに限られます。であるならば、キャッシュがあまりないならどうしたら望ましいでしょう。

そうした場合は、買取査定を行って頂いた中古車買い取りのお店に話してもらえると、くるまの買取価格から残りの返済分をまかない、所有権を貴方自身の氏名に変更して貰うことが出来ます。手続きについても完全に買取専業店に任せられるので心配いりません。