下取や買取等の方法の場合どちらの方がいいでしょうね?そちらに関して見ていきましょう

中古車を処分する時の手続きには買取り、または下取といった種類が在ります。下取に関しては、おニューのくるまを購入した時点で、これ迄のくるまを買受していただけるものです。コチラは乗ることが可能なクルマだったとしたら価格が付きますが、とても古すぎるケースですと反対に処分費用を要求されることも考えられます。

下取してもらう場合は専業店が買取りする訳じゃないので、希望価格での売却はムリだと思いますが、その次のマイカーと取り替えるような感じで乗り換えができるいい面があります。他方買い取りは、それを専業としている車買取専門ショップにお願いして買受してもらうといったものです。そのタイミングが難しいといった良くない点もありますが、引受けされた所有車は中古の自動車として市場で取引されることが元々決定されていますので、想像以上に高い値段での買い取りが望めます。

買取、下取のどちらであっても売却の時はさまざまな書類を先に用意しておくことが必要です。必要書類の種類には自動車検査証、くるまの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。ほかに印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

譲渡のときには委任状と譲渡証明なども使用すると思いますが、それらに関しては買い取り専門店にて用意してくれます。売却を依頼するこちらとしては、車検証、自動車税納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、住民票、実印さらに印鑑証明を準備しておきましょう。値踏みの時もこれらが確認されるため、なくしたケースだと再度発行していただく事になります。

たとえ紛失の場合でも値踏みそのものだけをしてもらうことはOKですが、すぐに買受はおこなえないので見積もりの値段に何か影響が生じます。