中古の車の引き取りプライスに事故歴などはどれぐらい関係してくるのでしょうね

使用済みの車の買取りについて希望した際には、まずは評価を受けることになります。その場合の評定は買い取りの専門店の担当者がするわけですが、ユーズドカーマーケットの価格などから値段が出されるといったことになります。

一般的に中古の車のということで売りに出されている金額の2~3割程が売値とされているようですが、定評のある車ですとか、稀少車種ですとかのケースでは思った以上の高い買取額がつくといったときもあるみたいです。それ以外にも、年式が新しい方が無論高い金額となります。一方でこういった買取額は使用ずみの自動車が完全な状態の時であって、そうではないケースだとマイナスに査定されます。中でも事故歴などになると査定額にとても影響します。

事故歴といっても定義が微妙ですが、基本的にクルマの基礎であるフレームの方にまで駄目になっているようなアクシデントを経験してしまったくるまは事故車扱いになります。そのような事故歴のある車はいつか何か悪い影響が出てしまうという危険性があるので、見積に関しては短所となってしまいます。その一方、フレームの部分にまで影響しておらず、外見をリペアしたぐらいだったら問題ないのですが、しかし修復歴はついてしまいます。

言うまでもなく修復歴は付くわけですから負の害はありますが、事故車より安い見積りになることは考えられません。あと、エンジン等に問題が出ている時にもマイナスという事で鑑定されますし、普段のメンテナンスの状態が見積もりに関わってきます。

そうした部分は素人目にはちんぷんかんぷんですが、診断をおこなう店舗の方ではきちんとそのあたりも見てきます。

どっちにしても修復歴としてはないということが古い車の買取金額においては上げることができるかどうかの分かれ目となってきます。