今日は中古車売却と残債のことを考えてみた

中古車の買い取り専門店に鑑定を頼んだものの、残債を完済していない場合もあり得ます。そうした時には、売却希望の中古車の所有者がご自身であるのか、それ以外の人なのかどうか最初に確認しておく必要があります。

ホントのところ、持ち主についてはどこを見ると良いのかというと、「車検証」に記載のある氏名がお車のオーナーという事であります。

マイカーを買った際に銀行系の自動車ローンを設定されたケースでは、こちらの自動車検査証に書かれているお名前がご自身のお名前となっていますが、分割払いを設定したのが信販系の会社などの場合だと氏名がその信販会社の記載になっています。クレジット会社でローンを組む場合になぜこんな形でクレジット会社を持ち主として記載するのかというと、その理由としては月の払いが滞ったりしたら、直ちにマイカーを差し押さえて確保するためです。

そうした理由で所有名義がクレジット会社にあるケースではその所有車を好き勝手に売り払う事は出来ません。どうしても売却したいなら残債をすべて終わらせるか、ローンの組み替えをすることで所有者をご自分に変更した後で手続きすることが求められます。とはいっても実際にこんな手続きが可能なのは今お手持ちのキャッシュがたくさんあるケースに限定されます。それでは現金が不足しているケースではどうすることが望ましいでしょう。

そういった場合は、見積もりをおこなってもらった愛車買取り業者に事情を話すと、くるまの売値から残債分を支払し、所有権をご本人のお名前に直していただくことができるという訳です。手続きも完全に買い取りのお店にオマカセ可能なので問題ないです。