今日は車買取、そしてリサイクル料

ユースドカーを処分するさいの段取りには下取りと買取りが有ります。下取りの場合は新しい中古車を手に入れるかわり、古い中古車を買受して貰うというものです。大抵は販売店が引き取りをすることになるため買取額はどちらかといえば低目に見られるケースが多いです。

一方で買取りのほうはマイカー買取り専門の業者がやっており、中古車という名目で売却することを前提として引受の値段を決めるため、どっちかといえば高額の引き受けが望めるでしょう。どちらにしても車を引き受けてもらうことであり、、売り払う前に引取り額を決めるための値踏みが行われます。

値踏みをしていただくさいに気に掛かるのはリサイクル料になります。自動車鑑定で出される値段というのはそのマイカーそのもののプライス、所有車についてくるリサイクル料とか自賠責保険などなどいれた額の二つの種類が御座います。リサイクル料は中古車をゲットした時、またはリサイクル料が払われてなかった時には車検のケースで支払われるもので、のちに所有車を廃車として処分する場合必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等リサイクルするさいのコストということで使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体する時JARSから支払されることになります。

料金はだいたい、軽だと8千円くらい、国産車であれば1万円くらい、外国製自動車等で1.5万円ほど、それとは別に2万円程度を納める必要性があったりもします。大概のマイカー引き受けだと、こういったリサイクルの代金をくるまの買取額とは他のものとして引き受けされるということとなる訳ですが、リサイクルの代金を入れて審査の価格だという場合も有り、引受を頼む時はまずは確認しておくということが大切です。