例の車買取査定方法について思うこと

古い中古車買取りを依頼した時には、まずはじめに審査を受けることになります。そうした時の査定に関しては買い取り専門店の人がすることとなり、オークション市場の価格等から算定されることとなります。

通常、古いくるまとして売られている価格の20~30%位が買取額とされていますが、定評のある車種や、珍しい車であるなどの際には高い値段が出るケースもあるでしょう。それと、製造年は新しければ新しいほど高値が付きます。ただ、こうした見積価格はそのマイカーがパーフェクトな状態のときであって、パーフェクトではないケースだと低い査定となります。中でも修復歴は買取プライスに相当影響します。

事故車というのも定義は曖昧ですが、基本的にはお車の骨格であるフレームの方にまでダメになるようなアクシデントを経験してしまった車両はこれに当てはまります。そうした事故歴のある車は後から何かマイナスの影響が出現するという危険があるため、見積価格に於いてはマイナスになるのです。他方、フレームの部分にまで影響しておらず、ボディを修繕したぐらいなら問題ありませんが、ですが修理歴はつくことになります。

モチロン修理歴が付くので良くない害は有りますが、事故車より査定が低くなることは考えられません。他にも、変速機やエンジンなどに問題が起こっているケースもマイナスに鑑定されますし、日頃の整備の良し悪しが買取額に影響されます。

そのあたりは傍目には分からない部分ですが、見積もりを行っている買取ショップの方ではキッチリと状況をチェックしてきます。

どちらにせよ修復歴は無いという事が自動車買取額を上昇できるかどうかの分かれ目となってきます。