話題の車の「リサイクル料」

自分のくるまのを売り払うときのやり方には下取と買取の2つが御座います。下取の場合はおニューの自動車をゲットする際、今迄の車を買い受けして頂くというものです。大抵新車の販売会社が買い取りをすることになるためプライスのほうはどちらかといえば低めに見られる場合が多いです。

もう一方の買取りのほうはユースドカー買い取り専門ショップがおこなっており、中古車という名目で販売する事を予定に引受の額を決めるため、どっちかといえば高目の引受けが望めます。何れにしろ車を売却することであり、引き取ってもらう前に引受金額を決定するための査定が行われることとなります。

査定をしてもらう場合気に掛かるのはリサイクル料です。マイカー値踏みで出されるプライスというのはその自分の車のそのものの値段、自家用車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料等入れた金額の二つの種類がございます。リサイクル料についてはクルマを手に入れた時、又は「リサイクル料」が払われてなかったときには車検を受けた場合に支払いになりますので、将来、中古車を廃車にして壊してしまう場合に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルするさいの代金となって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体する時にJARSから支払されるということとなります。

料金はだいたい、軽自動車で8千円くらい、国産車で1万円くらい、外車等で15000円位、それ以外で20000円ほどを入れる必要性があります。たいていのクルマ引受けでは、そういったリサイクル料金をクルマの引取り値段とは別として引取られるということになる訳ですが、リサイクル料を入れて審査の金額であるという場合も有り、引受を希望する際にはまえもってチェックしておくということが大事です。